JAF会員ではない人必見!バッテリー上がりした時の対処法!

にほんブログ村 車ブログへ

車でどこかに出かけた時にバッテリーが上がってエンジンがかからなくなってしまった場合は焦りますよね?

特に周囲に人がいなければ尚更です。

おそらく本記事にたどり着いている方は「JAFの会員ではない」「周りに人がいない」「ブースターケーブルも持っていない」だから困っているという方が多いでしょう。

バッテリーが上がった

非JAF会員の方がJAFにバッテリー上がりを対処してもらうと結構かかります。(以下参照)

バッテリー上がり

昼間、一般道での応急始動作業

会員なら無料

入会していない場合

13,130円

引用元:ロードサービスの料金を調べる | JAF

13,130円もかかってしまいます。流石に高いですよね?

結論を先に言いますとJAFの会員でない方がバッテリー上がりを起こして周りに救援車がいない場合は、任意保険のロードサービスを利用するか、カーバッテリー110番 に頼むのが最も適切な対処法です。

本記事ではバッテリー上がりについての対処法、備えておいた方が良い物等、バッテリーに関する事をまとめていきますのでバーテリーに関してあまりよく分からないという方は参考にして下さい。

バッテリーが上がりかどうかの確認方法

まずはエンジンが始動しない原因がバッテリー上がりか確認する必要があります。
※間違いなくバッテリー上がりという方はこの部分は飛ばしてもらっても大丈夫です。

エンジンが始動しない時にバッテリー上がりかどうか確認する方法

①室内灯、ヘッドライト等の電気系がつくか?
②セルモーターが回るか?
まず①で電気系がつかない、あるいはライト等が暗ければバッテリー上がりの可能性が大です。
②でセルモーターが回らない、あるいは回り方が弱々しければバッテリー上がりの可能性が大です。またセルモーターが元気に回っているのにも関わらずエンジンがかからなければ、燃料切れ、あるいは燃料タンクの損傷等の可能性があります。

任意保険にロードサービスが付帯しているか確認

JAFの会員でない方は、まずは車の任意保険を確認してみましょう。任意保険にはロードサービスが付帯されている場合が結構あります。ロードサービスの中に「バッテリー上がり」があれば対処してもらえます。

大体の所は無料で行っていますが、年に1度だけの回数制限が設けられていたり、30分以内で終われる作業なら無料等と何かしらの制限がある場合が多いので確認しておきましょう。

またロードサービスは他にガス欠、キー閉じこみ、タイヤパンク、オイル・冷却水補給等のトラブルにも対応しているケースが多いので、車に何かトラブルがあった場合、まずはロードサービスの内容を確認しておく事をおすすめします。

もし任意保険にロードサービスが付帯されていなければ、見直した方が良いと思います。自動車保険はダイレクト型(通販型)の方が保険料が安くなります。今加入している任意保険が高いと思っている方は下の記事をお読み下さい。
任意保険のロードサービスの場合は保険をかけている車にしか利用出来ませんが、JAFの場合は車ではなく会員の人が乗る車にも利用出来ます。
都合上JAFの方がよいという方は年会費4,000円で会員になる事が可能です。JAF会員になれば任意保険のロードサービスよりも手厚くサービスを受けられる様になります。
JAF会員を希望する方は↓から
JAFの場合は回数制限はなく何回でも利用出来ます。

ロードサービスを利用出来ないのならカーバッテリー110番

任意保険にロードサービスが付帯していない、あるいは2回目だから利用できないという方は「カーバッテリー110番」を利用する事をおすすめします。

カーバッテリー110番とは、名前の通りバッテリー上がりの対処を専門としたサービスです。

カーバッテリー110番の特徴

・出張費無料(※一部エリアは対象外) 8,800円~(消費税込み)
・24時間365日対応
・全国対応
・バッテリー交換も対応 ※一部地域のみ(後述します)
・会員登録不要
・支払い方法:現金またはクレジットカード
バッテリー交換が可能な地域
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県
会員登録する必要が無いので困った時に連絡すれば迅速に対応してくれます。全国で274社の加盟店があるので最速5分程で現場に駆けつけてくれる場合もあります。
カーバッテリー110番はまさに、JAFの会員ではなく、任意保険にロードサービスが利用できない方向けのサービスと言えます。
バッテリー上がりで困った場合は↓から

バッテリー上がりの為に備えておくと良い物

バッテリー上がりは誰もがやりたくてやっている訳ではありません。うっかりライトを付けっぱなしにしたり半ドアにした状態で長時間駐車していると起こってしまう場合があります。

ただしバッテリー上がりは備えるべき物さえ備えておけば業者を呼ばなくても高確率で復旧出来ます。

バッテリーが上がった状態からエンジンをかける事をジャンプスタートと言います。ジャンプスタートを行う為に必要な物はブースターケーブルかジャンプスターターです。

個々について説明していきます。

ブースターケーブル

バッテリー上がりは車を所有していれば誰もが起こりえる事なのでせめてブースターケーブルは持っておいた方がよいでしょう。

ブースターケーブルは車に積んでいる人が結構いるので、近くに車に乗っている人がいれば持っていなくても大丈夫な場合もありますが、人に助けを求める以上、最低限自分のブースターケーブルを使用するのが礼儀だと思います。もし自分が持っていなければ嫌味を言われても仕方がない事だと思います。
ブースターケーブルで車と車を繋げはエンジンをかける事が出来る事は知っているけど、やった事が無いからやり方がよく分からないという方はこれから説明しますので覚えておいて下さい。
救援車として使用できな車種(ハイブリッドカー等)があるので救援車側は必ず確認しましょう。
救援車は自分の車の電圧と同じにして下さい。普通車は12V、トラック等の様に大きければ24Vの場合もあります。また故障車と同等以上の大きさの車を選びましょう。
ブースターケーブルは赤をプラス、黒をマイナスに繋ぎます。
救援車からジャンプスタート
ブースターケーブルを使ってエンジンを始動する方法
①救援車のエンジンを切っておく
②故障車のプラス端子に赤いケーブルを繋げる
③救援車のプラス端子に赤いケーブルを繋げる
④救援車のマイナス端子に黒いケーブルを繋げる
⑤故障車のマイナス端子に黒いケーブルを繋げる
⑥救援車のエンジンをかけて5分程待つ
⑦故障者のエンジンをかける
外し方は⑤、④、③、②の順で「繋げる⇒外す」で。
実際のところプラス同士、マイナス同士に繋ぐ事さえ間違えなければ順番はそれ程重要ではありませんが、より安全に行うのであれば上記の順番の方が良いでしょう。
それよりももっと重要な事があります。
救援車のエンジンをかけていない状態の時は絶対に故障車のエンジンを始動しないで下さい。もし救援車のエンジンがかかっていない状態で故障車のエンジンを始動すると、バッテリーの充電を持っていかれて救援車のバッテリーも上がってしまう場合があります。
また、救援車のバッテリーに不安があるのならエンジンをかけている時にアクセルを少し吹かした状態の方が良いです。
もう1つ重要な事は故障車のエンジンがかかったなら、すぐにエンジンを止めてはいけません。しばらくエンジンをかけっぱなしにして下さい。アイドリングだけでも充電はされますが1時間位必要と言われているので走った方が無難です。
目安として最低でも30分以上は走りましょう。そうすれば発電機により次の始動分の充電はされる様になります。

ジャンプスターター

例えば車があまり通らない様な山道等でバッテリーが上がってしまった場合は、救援車がいなければブースターケーブルを持っていても役に立ちません。

ジャンプスターターがあれば周りに車がいなくても自力でジャンプスタートできます。

色々なメーカーの物がありますがおすすめの物はLUFTのジャンプスターターです。(下画像参照)

LUFTジャンプスターター

画像引用元:LUFTジャンプスターター

LUFTジャンプスターターの特徴

・大き目の車でも対応可能(ガソリン車3,000ccまで、ディーゼル車5,000ccまで)
・液晶ディスプレイから充電残量は1%単位で確認可能
・安全保護機能搭載
・USB端子が有り、スマホやタブレット等も充電可能(USB1個の出力2.1A)
・サイズ160×80×35mm
・充電時間は約3時間
価格は9,480円(税込み)です。
かなりコンパクトなのでかさばる事もありません。またスマホ等も充電出来るので、早い話車のジャンプスタートにも使える少し大きめのモバイルバッテリーだと思って下さい。
↓から購入出来ます
カー用品はあれもこれもと色々と買ってしまうと無駄になる事は少なくありません。買っても無駄にならないカー用品については下の記事をお読み下さい。

バッテリーが上がらない様にする為には?

バッテリーが上がらない様にする為に注意すべき点を挙げていきます。日頃の行いが重要となってきます。バッテリーに負担がかかる事はなるべく行わない様にして、なるべく走って充電をこまめに行う様にしていく事が重要となります。

定期的に長距離運転を行う

バッテリーはエンジンをかければ充電されていきます。バッテリー上がりをなるべく減らす為にはとにかく乗る事です。ただし、ちょい乗りばかりを繰り返すと充電量に対して使用量の方が多くなる場合があるので、定期的には長距離運転を行った方が良いです。

バッテリーだけに限った話ではなく、エンジンにも言える事ですが、車をダメにする事として上位に入る事は「乗らな過ぎる事」です。車の為にも定期的に長距離運転をする様にしましょう。

3年毎に交換

バッテリーはいずれは寿命がきます。バッテリーの寿命は2~4年位と言われているので目安として3年毎に交換する事をおすすめします。

前兆としてエンジンのかかりが悪くなったり、ライトが暗くなってきたりします。特にエアコンを付けている時にライトが暗くなる様であれば寿命が近づいているので、ちょっとしたきっかけでバッテリー上がりが起こる事があるので電気系の挙動がおかしいと感じたらバッテリーを交換しましょう。

バッテリーが弱っている

バッテリーなら通販でかなり安く買えます。バッテリー専門店の「カーエイドストア 」がおすすめです。

カーエイドストアの特徴

・年中無休
・送料無料(3,980円以上の買い物から)
・翌日到着
・交換後の不要バッテリーを無料回収
・Amazon会員の方は簡単決済可能
↓から購入出来ます

エンジンをかけてない状態で電気を使わない

なるべくならエンジンをかけていない状態の時は電気を使わない様にしましょう。ルームランプくらいならそれ程電気を食いませんが、それ以外(オーディオ、ヘッドライト、エアコン等)を使用する時は必ずエンジンがかかっている状態で使用する様にしましょう。

ただし、アイドリングだけではやはり充電が不十分なので、走っている時に電気を使う癖をつけた方がよいです。

まとめ

バッテリーが上がってしまった場合は

日本自動車連盟(JAF)に依頼
・非JAF会員なら任意保険のロードサービスを利用
カーバッテリー110番に依頼
・ブースターケーブルを用意して救援車からジャンプスタートを行う
・ジャンプスターターを使う(おすすめは⇒LUFTジャンプスターター
バッテリー上がりを起こさない為には?
・定期的に長距離運転を行う
・エンジンがかかっていない状態で電気を使わない
・3年毎にバッテリーを交換する(安く購入するなら⇒カーエイドストア
最低でもブースターケーブルくらいは車に積んでおきましょう!
この記事を書いた人

・2020年9月にエブリイ(DA17V)を購入
・2011年からタブレットを使用
・スマホよりもタブレット派
・ゴールド免許維持中
・ガソリンスタンド勤務経験有り

ともをフォローする
カー用品
シェアする!(リンクフリー)
ともをフォローする
エブレット

コメント

タイトルとURLをコピーしました