運転免許を取るならATとMTどっち?迷っている人の為にアドバイス

にほんブログ村 車ブログへ
スポンサーリンク

運転免許を取る時AT(オートマ)限定にするか普通免許を取るか迷っている方は多いと思います。違いを簡単に説明すると普通免許の場合はAT車(オートマ車)もMT車(マニュアル車)も運転する事が可能で、AT限定免許の場合はMT車(クラッチがある車)は運転出来ない免許です。

AT車MT車

以下AT限定免許をAT免許、普通免許をMT免許と言います。

結論から先に言いますとAT免許でもそれ程困る事はありません。ただし、時と場合によってはMT免許の方が良いという事もあります。

本記事では免許を取る時、取った後、車を買う時、仕事の時等あらゆる面から見て、AT免許かMT免許のどちらを取るか決める為の判断材料をまとめます。迷っている方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

免許を取る時の料金と時間の比較

まず教習所や自動車学校の料金ですが、MT免許の方が少し高く、乗車回数もAT免許と比べると少し多くなります。

①時間数
MT車の方が操作が複雑、そして先述の通りAT車は限定免許ということで、MTよりATの方が
技能時間数は短くなります。
MT…技能34時限
AT…技能31時限
※1時限は50分間です。

②料金
教習所によりますが、時間数が多い!ということは料金もMTの方が高いことが多いです。
武蔵境自動車教習所では、差額は税込¥12,960です。(2015年現在、プランによって変動有)

3、実際みんなどうしてるの?
違いが分かってきたところで、実際MTとAT、どれくらいの割合で免許を取っているかを
比較してみようと思います。

令和元年、全国の自動車教習所において、MT免許とAT免許の取得者数は、
MT車…356,297 (32.4%)
AT車…742,183 (67.6%)
(運転免許統計より)

引用元:徹底比較!MT・AT、どっちの免許をとるべき!?

AT限定免許

料金と乗車回数はそれ程大きな差はありませんが、MT免許の場合は人によってかなり得意不得意の差が出ますので、不得意な人だと乗る回数が規定よりも増えて更に料金と時間がかかる可能性もあります。

あまりに不得意だと教習所側からやんわりとAT限定に切り替える様に勧める所もある様です。
AT免許の方が免許を取る時は安く早く取れます。
免許を取るなら合宿免許が早く安く取れます。合宿免許について詳しく知りたい方は下の記事をお読み下さい。
スポンサーリンク

車を買う時のAT車とMT車の差

車を買う時ですが新車で日本車を選ぶ分にはAT免許で困る事はまずありません。AT車(CVT、AGS含む)はほぼ全車種、全グレードで取り扱っています。むしろMT車の方が取り扱っている車種、グレードが圧倒的に少ないので困るくらいです。

車の値段は同じグレードの場合MT車の方が若干安くなる傾向があります(同額の場合もあります)。また燃費はAT車とMT車で比べるとMT車の方が1割程良くなります。

AT免許で乗れるトランスミッションにはATの他にCVTやAGS等があります。ちなみにCVTとAGSはMTよりもカタログ燃費上では良いとされています。なので燃費にこだわる様であればCVTやAGSを選ぶという選択肢も有ります。
スポンサーリンク

MT免許を取った方が良い人の例

実際の所AT免許で困る事はあまりありませんが、MT免許を取った方が良い人の例を挙げます。

家にMT車がある場合
⇒自分の家、あるいはよく行く親戚の家にMT車がある場合は、MT免許を取った方が良いでしょう。いつ何時自分が車を動かさなければいけない事があってもおかしくありません。

建築業や運送業、車関係の職種(自動車整備士、カーショップ、ガソリンスタンド、レンタカー等)を志望する場合

⇒AT免許でも良いとされている所も結構ありますが、割とMT車を動かす機会が他の職種と比べると圧倒的に多くなります。そこで「AT免許なので動かせません」となると周りの人から「面倒くさい」と思われてしまいます。

海外に行く事がある場合
⇒世界的に見るとここまでオートマの比率が高いのは日本くらいです。海外ではまだまだMT車が多く存在していますので、将来的に海外に行こうと考えている人はMT免許の方が無難です。
初乗りのMT車を乗る時は特に難しい傾向があります。MT免許を取る方は下の記事もお読み下さい。

大型免許を取る場合はMT免許が必須

近年では大型車でもAT車が増えてきましたが、大型免許そのものにまだ「AT限定免許」がありません。なので将来的に大型免許を取りたい、あるいは大型免許を取らなければいけなくなる可能性があるのなら、MT免許を取りましょう。

実際の所MT免許が必須となる場合は大型免許を取る前提とされている人くらいです。

「男でAT限定はダサい」について

女性がAT免許の場合は暗黙の了解とされているので問題有りません。よくネット上で話題になる「男でAT限定はダサい」という風潮について実際の所どうなのか話します。

結論を先に言いますと、この風潮は①田舎に行けば行く程強い傾向があります。②男性は年齢が高い人程強く思う傾向があります。

①の理由として田舎には農家が多いのでMT車の軽トラも多いのです。家族や友人なら乗る機会も増えるのでMT免許は当たり前という文化になっています。

②の理由として、昔はそもそもAT免許は無く男性でも女性でもMT免許のみでした。AT限定免許が出たのは1991年からで、出始めた当初は男性でAT限定免許を取る人はあまりいなく(女性でもMT免許を取る人は結構いました)、男性でAT限定を取る人は少し運動神経が鈍い人が取る、という傾向がありました。こういったイメージが定着している為、特に40代以上の男性から見ると「男でAT限定を取る人はどこか抜けてる」と思っている人が多くなっています。

もはや時代の流れで「男でAT限定はダサい」という考えは古いとは思いますが、この様に思っている人が一定数いるのは事実です。

女性がMT免許を取る事について

女性がMT免許を取るのは今や完全に少数派の部類です。少数派の為周りの女性から見ると「凄い」と思われるかもしれません。また男性から見ても「カッコいい」「車が好きなんだな」と思われるでしょう。

女性がMT車を選んで得する事として、自分の車を他人に出来るだけ運転させたくないと考えている人にとっては有効です。例えば女性の友達同士で旅行等に出かける時に誰かが車を出す事になった場合に、MT車というだけでおそらく除外されます。自分で「車を出したくない」と言う必要がありません。

限定解除について

仮にAT免許を取ったとしても限定解除をしてMT免許にする事は可能です。

方法は2通りあります。1つは運転免許試験場で技能試験を行い受かればその日に限定解除出来て料金も手数料1,450円+α(普通車の場合)で2,500円程度だけで済みますが、MT車に乗ったことが無い人であれば現実的ではありません。

もう1つは教習所に通う事ですが費用は5万円前後、日数は3~5日程度と言われています。(教習所、ドライバーの技能によって異なります)

AT免許で困る事とMT免許で得する事の例

実際の所AT免許で困る事はあまりありませんが、プライベートよりも仕事の時でたまに困る場合はあります。

大体の会社は社用車としてAT車を選んでいますが、車検や故障等で一時的に代車が必要になる場合があります。その代車にMT車しか空きが無い場合等です。こういった場合は社内で調整を行わなければいけなくなるので多少周りに手間をかけさせてしまいます。

MT免許で得する事は、代車やレンタカー等で自分の車以外を必要とする場合にAT車は用意出来ないけどMT車ならすぐに用意出来るという事も割とあります。やはりMT車に乗れない人、乗りたくない人が多いからです。

MT車に少しでも興味があるならMT免許も有り

AT免許で十分と頭では分かっていても少しMT免許も気になるという方もいるでしょう。MT車そのものの取り扱いがだんだん減ってきているので希少性は増しています。いずれMT車は無くなるかもしれないから今のうちに乗っておこうという考え方も有りかと思います。

MT車は興味が無い人にとっては面倒なだけですが、運転が好きな人にとってはその面倒くささが良いという考え方の人もいます。ちなみに私もMT好きなので今まで乗っていた車はほぼMT車です。また眠気防止や「アクセルとブレーキの踏み間違い」もMT車の場合は大きな事故までには至りません。

MT車はほぼ趣味枠ですが少しでもMT車に興味があるならMT免許も有りかと思います。

MT車は運転手の扱い次第では車の寿命に結構差が出ます。詳しくは下の記事をお読み下さい。
MT車を買って後悔するという方は一部いる様です。詳しくは下の記事をお読み下さい。

後悔しない決断を!

AT免許かMT免許のどちらかにするか悩む人のパターンとして、「自分の車はAT車を選ぶけど仕事でどうなるか分からないからどうしよう?」と考える人が多いでしょう。
実際の所、プライベートよりも自分が働く職場によって時と場合によって困る事の方が圧倒的に多いです。AT免許でも全く困らない場合もあれば、MT免許にしておけば良かったという場合もあります。
ポイントを整理すると・・・
・家にMT車がある場合
・建築業や運送業、車関係の職種(自動車整備士、カーショップ、ガソリンスタンド、レンタカー等)を志望する場合
・海外に行く事がある場合
・大型免許を取る可能性がある場合
自分の将来で上で挙げた様な事が考えらる人の場合は、MT免許にすれば良いでしょうし、自分には全く関係無い、あるいはAT免許でも後悔しない、と思うのならAT免許で良いと思います。
また、MT免許を取ろうとしている方には是非伝えたい事があります。MT免許を取ってからすぐにAT車に乗り、数年MT車に乗らなくなると、乗れなくなったという人は決して少なくありません。いわゆる「MT車ペーパードライバー」です。この様になってしまえば結局苦労して取ったMT免許も意味の無い物となります。
大体3年も乗っていれば体が覚えて仮にしばらくMT車を運転しなくて乗れる様になりますので、MT免許を取ったのなら免許の取り始めはなるべくMT車を乗る事をお勧めします。
AT免許かMT免許か後悔しない様に選びましょう!
免許を取ってから車選びに悩んでいる方は下の記事を読んで参考にして下さい。
免許を取ってからは安全運転を行う事が大事です。安全運転について詳しく知りたい方は下の記事も是非お読み下さい!
この記事を書いた人

・2020年9月にエブリイ(DA17V)を購入
・2011年からタブレットを使用
・スマホよりもタブレット派
・ゴールド免許維持中

ともをフォローする
ドライブ
スポンサーリンク
シェアする!(リンクフリー)
ともをフォローする
エブレット

コメント

タイトルとURLをコピーしました