タブレット(アンドロイド)を車に設置して快適にドライブする方法!

にほんブログ村 車ブログへ

タブレットは車と相性が良いと思います。タブレットはスマホの様に持ち運んで使うにしては重くて大きすぎますが、車の中で使う分にはスマホよりも圧倒的に使いやすいと言えます。

タブレット

タブレットがあればカーナビは不要と言っても過言ではありません。ただ中にはバックモニターを付ける為にカーナビを付けようか考えている方もいるでしょう。

カーナビはあまり欲しくないけどバックモニターは欲しいという方はミラー型ドラレコを付けるという手段もあります。詳しくは下の記事もご覧ください。

ナビとしての機能は当然カーナビの方が数段上なのでカーナビ必要派の方を否定するつもりはありません。

本記事ではナビの機能をあまり重視していない方に対して、タブレットで快適にドライブ出来る使い方を紹介します。

普段使いのスマホとタブレットの2台持ちの場合のメリットやデメリット、使い分け方等は下の記事をお読み下さい。

タブレットホルダーの選び方

快適に使う為にはタブレットホルダーは必需品です。ホルダー選びと設置場所で使いやすさが全然違ってきます。

ホルダーを選ぶ時のポイント
・頑丈(耐荷重を把握しておく)
・揺れ、衝撃に強い
・本体の付け外しが簡単
・角度がある程度融通が利く
・本体をはめた時にUSB接続端子やイヤホン端子がアームとぶつからない
設置する場所の注意点
・手が容易に届く場所
・エアコンの風を当てられる場所(夏場に冷却する為)
・高過ぎず低過ぎない位置(高過ぎて視界の邪魔になると違反になります)

画面を分割すると便利

タブレットを車に設置する目的として、ナビと音楽プレイヤーを使用する事が多いと思います。意外に知らない方が多いですが画面を分割する事が出来ます。分割の仕方はOSによってやり方が変わってくるので「タブレット 機種名 分割」等で検索してみて下さい。

こんな感じで表示出来ます。

タブレットの分割画面

使いたい2つのアプリをわざわざ閉じたり開いたりしなくても、1つの画面上で意のままに操作出来ます。操作方法は使いたいアプリの画面を操作するだけです。また上の画像の場合は真ん中で分けていますが画面の大きさを調整出来ます。例えば左のマップを大きくして右のプレイヤーを狭くする事等が可能です。

特にナビと音楽プレイヤーを同時に使っている時は便利です。ナビを使っている時は現在地よりも先を見る事も多いですし、音楽プレイヤーは他の曲に変えたりする事もあるのでこういった場合に分割は役に立ちます。

タブレットに接続するオーディオを選ぶポイント

タブレットにもスピーカーが付いていますが、車で使用するとなるとエンジン音やロードロイズで音がかき消されてしまいがちなので、オーディオと接続して車のスピーカーを使用した方が良いでしょう。

車でタブレットを使用するメリットとしてそれ程多機能なオーディオにする必要はないという事です。

オーディオを選ぶ時のポイントはたったの2点だけです。

ハンズフリー通話可能でBluetooth接続が2台以上接続が可能

Bluetooth接続がなぜ2台以上必要かと言うともう1台はスマホと接続しハンズフリー通話する為です。運転中に手に取って電話する事は違反なので、ハンズフリー通話は絶対にあった方が良い機能だと言えます。

ハンズフリー通話専用のイヤホンもありますが、オーディオそのものにハンズフリー通話があるメリットについては、通話を優先するので音楽が流れている状態でも自動で通話に切り替わるので流れている音楽が通話の邪魔になりません。そして通話が終わると自動でまた音楽に切り替わります。

AUX接続(有線接続)が可能

上でBluetooth接続を説明しているのになぜAUX接続(有線接続)?と思うかと思いますが、Bluetooth接続のデメリットとして音質が落ちる点と、タイムラグがあるという点です。

特に動画を観る場合にはタイムラグが結構気になるので、タブレットの接続はAUX接続の方が望ましいと言えます。車で使用する場合はホルダーで固定しっぱなしの状態なので有線で接続したところでも邪魔になりません。

しかしながら短時間しか運転しない場合やタブレットの接続部分が壊れた場合等も対応出来る様にBluetooth接続とAUX接続が両方可能なオーディオを選ぶ事をおすすめします。

運転中の動画の視聴は危険なので休憩中に観ましょう!

タブレット(Android)で音楽を聴く時に便利なアプリ

ダウンロードした音楽を聴く時に一番厄介なのは音量が一定ではない場合が多いのでボリュームを上げたり下げたりしなければいけなくなります。これを運転中に行うのは面倒であり、運転に集中出来なくなってしまい危険です。これをある程度解消できるアプリを紹介します。

ジェットオーディオ

「ジェットオーディオ」というアプリです。音楽プレイヤーですが、プレイリストの作成から音質の調整等行えて、一番良いのは音をある程度均一化出来るので曲ごとに音量を変えるという煩わしい作業がかなり減らせられます。無料版と有料版がありますが、下のリンクは無料版です。

「ジェットオーディオ」は↓からインストール出来ます

Google Play で手に入れよう

車で音楽を聴く時のあるあるとして、スピードを上げるとエンジン音やロードノイズがうるさくなり、ボリュームを上げる事はありませんか?

速度によって音量を設定出来る便利なアプリがあります。

速度に合わせて音量調整

「速度に合わせて音量調整」というアプリです。注意点として、あまり細かく低速で設定すると音量が上がったり下がったりと忙しいので、目安として60km/h位から音量が上がる様に設定する事をお勧めします。

「速度に合わせて音量調整」は↓からインストール出来ます

Google Play で手に入れよう

ナビ等は音声で入力

ホルダーに固定しているとは言え入力は結構しづらいので、音声入力が可能なアプリはなるべく音声で入力する事をお勧めします。Googleアプリ(マップ、YouTube、chrome等)の検索は大体音声入力出来る様になっています。検索窓の右側にあるマイクの部分をタップすると音声入力出来ます。

Googleマップの例
googleアプリの音声入力

例えば住所の場合「〇丁目△-□」は「〇の△の□」と言っても入力出来ます。

充電の注意点

タブレットはスマホに比べてバッテリーの消耗が早いのでこまめに充電する必要があります。特にナビを使っているとあっという間に減ってしまいます。

充電器を選ぶ時には特に電流「A(アンペア)」の大きさが重要です。欲を言うと3A、最低でも2.4Aは必要です。また、たくさん接続出来るタイプは便利ですが、注意して見ないと合計のAで表示されている場合があります。必ず1個当たり何Aなのか確認しましょう。

また複数接続出来るタイプはリミッター(充電する設備によって、自動に電流を合わせて機器を守る。)が付いたタイプを選びましょう。リミッターが付いていないとタブレット以外の物を充電する時に電流が強すぎて壊れる場合があります。

本来なら使いながらの充電は望ましくないですが、これを守る人はおそらくいないと思います。そこで重要なのは発熱している状態で充電はしない事です。その為にはエアコン(冷房)を使用すれば解決出来ます。夏場でもエアコンで冷却しながら充電を行うとほぼ発熱しません。この為に冒頭の設置場所の注意点として「エアコンの風を当てられる場所」と指摘していました。

また夏場に車から離れる場合は必ずホルダーからタブレットを外してなるべく直射日光が当たらない所に置いておきましょう。

まとめ

・ホルダー選びと設置場所が重要
・画面を分割して使用
・Bluetooth接続とAUX接続が出来るオーディオを使用
・音量を調整出来るアプリを使用
・音声入力をなるべく使用
・エアコンの風を当てながら充電(暑い時)
本記事で紹介した内容はほんの一部の例にすぎません。タブレットにはまだまだ便利な機能・アプリがたくさんあります。使い方によって、より安全でより快適に楽しくドライブ出来る様になります。
実際に使ってみる事によって「ここが不便なんだけどどうにかならないかな?」と感じたら常にアプリやネットを検索してみましょう。
カスタマイズ出来るのがタブレットの魅力です!!
カー用品はあれもこれもと買ってしまうと無駄になりがちです。買ってもほぼ無駄にならないカー用品は下の記事にまとめてありますので是非お読み下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました