車が欲しいけど高くて買えない方へ!買う為にやるべき事!

にほんブログ村 車ブログへ

車が欲しいけど高くて買えないという方に対して、どの様にすれば買えるのかをまとめていきます。

現実的な話をすると「今の状態で車を買うと厳しい」と感じている様であればおそらく買った後はかなり厳しくなります。何かをしなければ何も変わりません。

貯金が減る

本記事で挙げる内容はちょっとした行動を起こすだけで車を買う買わないだけに限らず生活そのものが楽になりますので是非実行してみて下さい。

車が買えない方が買える様になる為に行うべき事
  1. 支出を減らす
  2. 収入を増やす
  3. 身の丈に合った車を選ぶ

大きくまとめると上記の3つになります。

誰でも簡単にすぐに実行出来る事もありますので出来る事から行うと車の購入への道が近づくので是非実行してみて下さい。

支出を減らす

今生活をしている中で毎月必ずかかる生活費がある筈です。

生活費の中でも割と簡単に削減できる物があります。

削減しやすい生活費として
  1. 電気代
  2. ガス代
  3. 通信費(電話代、ネット回線代)
  4. 保険代
  5. 食費

使用量を減らすという訳ではなく(使用量を減らした方がもっと節約出来ますが)、使用している所(会社)を乗り換えるだけです。特に1、2、3、4は1回だけ行ってしまえば継続的に生活費を抑える事が出来ます。

高い料金を継続的に払い続ける程無駄な事はありません。安い所に乗り換えて支出を減らしましょう。

電気代を安い所に乗り換える

電気は自由化されてから随分経ちますが、まだまだ乗り換えていないという方は多いのではないでしょうか?

電気に関しては品質という物はありませんのでただ安いか高いかだけになります。

電気料金の比較

賃貸の場合は?

「自分は集合住宅に住んでいるから関係ない」と思う方も多いかもしれませんが、集合住宅でもほとんどの場合は電気の乗り換えは可能です。私は賃貸住宅に住んでいますが安い所に乗り換えています。もし心配であれば、管理会社または大家さんに確認しましょう。

電気の乗り換えは↓

WEBから指定の条件でお申込みで最大30,000円キャッシュバック!【電気チョイス】

ガス代を安い所に乗り換える

ガス代も電気と同様に高いか安かだけです。もちろん中には対象にならない(供給先が無い)方もいるとは思いますがまずは対象になるかどうかだけ調べても損はありません。

今契約しているガス会社への解約の手続きは代行してくれるのでそれ程手間がかかりません。

プロパンガスの場合

プロパンガスを使用している方の場合は乗り換えるだけでかなり安くなる場合があります。ただ集合住宅の場合は大体の所が乗り換え不可となっています。

プロパンガスを安くしたい方は↓

ガス屋の窓口へ無料で相談する

都市ガスの場合

都市ガスを使用している方はエリアは限られますが乗り換えが出来るエリアがあるので紹介します。

目安として5~6%程安くなります。

また賃貸の場合でもほとんどは乗り換え可能ですが念の為、管理会社または大家さんに確認して下さい。

都市ガスの乗り換え対応エリア
  • 東京ガスエリア
  • 大阪ガスエリア
  • 西部ガスエリア
  • 北海道ガスエリア
  • 東邦ガスエリア
  • 東彩ガスエリア
  • 東日本ガスエリア
  • 北日本ガスエリア
  • 日本瓦斯の都市ガス供給エリア【埼玉県蓮田市、埼玉県白岡市、千葉県我孫子市、千葉県富里市、千葉県成田市】※対応エリア要確認

都市ガスの乗り換えは↓

都市ガスもガスワン!

通信費(携帯電話代、ネット回線代)を安い所に乗り換える

通信費(携帯電話代、ネット回線代)に関しては電気やガスと違って品質の違いがあります。

携帯電話代なら、会社によって電波の繋がりやすさの差があり、ネット回線では通信速度の差が出てきます。なので電気やガスの様に安ければよいという物ではありませんがセット割や乗り換えを行う事に安くする事が可能です。

回線の乗り換えについては本記事でまとめると長くなるので下の記事をお読み下さい。

保険代を見直す

保険には色々な種類がありますが、保険会社によっても料金が結構違ってきます。

保険に加入している中でありがちなのは、営業の人に勧められて何となく加入したという方が結構います。今加入している保険の補償内容が必ずしも必要性がある物なのか?料金が適正なのか?等とハッキリと答えらる人はほとんどいません。

営業の人に勧められて何となく補償内容を設定したという方は見直す事によって出費を抑えらる可能性があります。

保険の見直しに関しては全国対応でプロが無料で相談してくれるサイトを紹介します

保険見直しの無料相談は↓

保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

食費を見直す

食費もちょっとした工夫をするだけでかなり安くする事が可能です。

ポイントは「訳あり品」を買う事です。

訳あり品とは?

訳あり品とは簡単に言うと、品質には問題無いけれど訳あって廃棄対象となった商品です。

訳あり品の具体例として

  • 賞味期限が近くなった食品
  • パッケージ変更品
  • 過剰生産品

食品は食べてしまえばそれで終わりです。なので賞味期限さえ過ぎなければ全然問題ありません。

どうせなら安い食品を選びましょう。また食品だけでなく日用品等も揃っているので訳あり品を利用する事により家計をかなり抑えられる様になります。

訳あり品の購入は↓

訳あり品をお得にお買い物「junijuni」

収入を増やす

収入を増やす事は、支出を減らす事に比べれば少しハードルは上がりますが、実行するかしないかによって随分と違ってきます。

収入を増やす為には転職するか、副業を行うかになりますが、個人的には拘束時間が短い所に働いて、後は自分のペースで副業を行う事をおすすめします。

転職する

転職については給料以外にも色々ありますが、以下の条件が当てはまる方は転職を考えた方がいいかもしれません。

転職した方がよい例
  • 会社に行くのがつらい(どうしても合わない人がいる)
  • 拘束時間が長すぎる
  • 給料に対して納得がいかない

経験上、家に帰ってからも会社の人間や給料の事等を色々と考えてイライラする様な場合はその会社を辞めた方がよいです。まずその会社にいても良い事はありません。

転職サイトに無料登録しておくと転職がスムーズになります。

無料登録は↓から

はたらいく

ミドル・シニアに特化した転職サイトは↓

ミドル・シニアの求人・転職【OKジョブシニア】

副業を行う

副業は色々とありますが、一番重要な事は気軽に行えるという部分です。

理想の副業
  • 自分がやりたい時だけやれる
  • 自分が興味ある事、好きな事

本業の場合は多少のストレスは仕方ありませんが、副業はストレスがほとんどなく行いたいところです。ただ副業を始めて行う場合はどの様な副業があるのかなかなか分からない方が多いと思います。

副業専門サイトに無料登録を行う事によって自分に合った副業をやりたい時だけに行う事が可能になります。

副業をするなら↓

週一副業

見栄を張ってはダメ!身の丈に合った車を選ぶ事!

ではここから車選びに対しての考え方をまとめていきます。

まず重要な事として見栄を張って身の丈に合わない車を選ぶのはおすすめしません。

車にかかるお金

言うまでもないとは思いますが、車は買ったらそれで終わりではなく維持費が結構かかります。なので自分の収入に対して無理をすると後々大変になるので見栄を張らずに自分の収入(あるいは世帯収入)に見合った車を選びましょう。

具体的に言うと車は年収に対して5割位が目安だと言われています。あくまでも目安ですが、やはり5割以下に抑えた方が後々楽になります。

また維持費の事も考えると総合的に軽自動車かコンパクトカーがおすすめです。

車を購入する場合は必要書類等があります。車を初めて購入する方は下の記事をお読み下さい。
車の維持費を抑える方法につきましては下の記事をお読み下さい。

残価設定型ローンとカーリースは割高になる

車の取得方法は多様化してきましたが、残価設定型ローンとカーリースは本記事に辿り着いている方に対してはおすすめはしません。

結論を先に言いますと、損か得のどちらかで言えば損します。

残価設定型ローン、カーリースの謳い文句と実態について

①まとまったお金がいらない
⇒金利が高く設定されている

②月々の支払い額が通常のローンよりも安い
⇒期限があり基本的には期限までに返却
⇒返却する場合にもお金がかかる場合がある(市場による相場の変動、過走行、キズを付けた場合等)
⇒購入するならまとまったお金を払う必要がある

もちろん会社によっては差がありますが、基本的には上記に挙げた様なデメリットがあります。

残価設定型ローン、カーリースには当然メリットもあるので否定するつもりはありませんが「車になるべくお金をかけたくない」という方に対しては間違いなく不向きです。

車を購入するなら
  1. 現金購入
  2. 頭金+マイカーローン(銀行系の金利が安い所を選ぶ)
  3. マイカーローン

実際1は難しいと思うので車を購入するなら2か3でなるべく金利が少なくなる様にしましょう。

くれぐれも月々の支払額が高く感じないからといって残価設定型ローンとカーリースで身の丈に合わない車を選ぶのはやめましょう。

現実的に年収の5割以下の車を出来るだけ頭金を入れてマイカーローンで購入すべきです。

新車購入の時になるべく無駄にならない方法につきましては下の記事をお読み下さい。

新車を選ぶか?中古車を選ぶか?

新車か中古車のどちらかを選ぶかについてですが、それぞれメリット、デメリットがありどちらの方が良いのか言えませんが、中古車を選ぶ時の注意点として新車では手が届かない車でも中古車なら手が届くからといって身の丈に合わない車を選ぶのはやはり避けるべきです。

元々高い車だと修理費が高くなる場合もあるので、やはり基本は中古車であっても、新車価格を参考にして年収の5割以下の車を選んだ方が無難です。

また新車を購入する時の注意点としてオプションを付けるのはパーツ系だけにしておいて、他のカー用品(ETC、カーナビ、ドラレコ等)は社外品にしましょう。
※社外品の方が選択肢が多く安く済みます

 

より多くの中から中古車を探すなら↓

ズバット車販売

 

複数メーカーの新車見積を同時に行うなら↓

■ネットで見積り簡単比較■ MOTA無料オンライン新車見積り!

新車か中古車のどちらにするか迷っている方は下の記事をお読み下さい。

まとめ

車が欲しいけど高くて買えないなら・・・

支出を減らす
  • 電気代を安い所に乗り換える
  • ガス代を安い所に乗り換える
  • 保険代を見直す
  • 電話代、ネット回線代を安い所に乗り換える
  • 訳あり品(食品、生活用品等)を買う
収入を増やす
  • 転職する(拘束時間が短い所が望ましい)
  • 副業する(やりたい時だけやれる仕事を探す)
身の丈に合った車を選ぶ
  • 年収に対して5割以下の車を選ぶ
  • 後々の維持費を抑えるなら軽自動車かコンパクトカーを選ぶ
  • マイカーローンで購入するならなるべき金利が安い所を選んで頭金を無理のない範囲で入れる

まずは出来る事から行って無理の無い範囲で車を選びましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました