軽自動車を買い替えたい!高価買取してもらう為には競わせる!

にほんブログ村 車ブログへ

近年の軽自動車は買うと割と高いですが、売る時も普通車と比べると比較的高く売る事が可能です。

ほとんどの人は車を売る時は買い替えるタイミングだと思います。本記事では主に軽自動車を売る事に対して色々と疑問がある方に対して、以下の事についてまとめていきます。

・売る方法にはどの様な種類があるのか?
・どの様な車が高く売れるのか?
・乗っている車を高く売る為にはどの様に管理すればよいのか?
・事故やぶつけて買い替える場合どうしたらよいのか?
車の買取額

記事の後半ではおすすめの売り方を紹介していきますので参考にして下さい。

売る方法は大きく分けて3通り

結論を先に言いますと車を高く売る為には売り手と買い手との間になるべく業者が挟んでいない事です。

売る時に一番考えなければならない事は次に乗る車の納車のタイミングです。売ってから次の車の納車が遅ければその間は代車の手配を考えなければいけないですし、逆に売ろうとする車がなかなか売れないと車を2台抱えている形にもなってしまいます。2台抱えると車を置く場所にも困る事があるかと思います。

これらの事を踏まえながら売る方法を考えていく必要があります。

車を売る方法は大きく分けると3通りあります。それぞれメリット、デメリットがあるので自分にとってどの方法で売るのか考えてみて下さい。

ディーラー等の車を買う店舗での下取り

一番手間がかからない方法は車を買う所で下取りしてもらう事です。特に新車購入の場合、最近だと半導体不足で納期がなかなか定まらなかったり、予定よりも遅れてしまう事もあります。この様になると今乗っている車を売る時に色々と大変な目にあう場合があります。

買う所に下取りしてもらえば納車の時にそのまま乗って行って納車と同時に引き取ってもらう事も可能なので一番楽ではあります。ただし下取りの額はあまり高くありません。

中古車買取店に売る

中古車買取店に売る事が最も一般的な方法ではないでしょうか?

私も実際に買い取ってもらった事があります。ディーラーよりも高く買い取ってもらう事が可能です。ただし、高く買い取ってもらう為には買取価格が確定してから割とすぐに車を渡さなければいけなくなったりします。

例えば次買う車が中古車希望で、買い取ってもらう店舗で買うのであれば、次買う車が決まるまでの間は代車の手配等のアフターフォローもしっかりしてくれます。ただし他の店舗で買うのであればそうはいきません。

中古車買取店の場合は比較的高く買い取ってはくれますが割とすぐに引き渡さなければいけなくなるので注意が必要です。

個人に売る

先述しましたが高く売る為には業者が間にあまり入っていない事です。メルカリ等で個人に直接売る事も可能です。

高く売る事を考えているのであれば個人に売る事が一番です。しかしながらデメリットは結構あります。

まずは必ずしも売れるとは限らないという点です。やはり買い手いなければ売る事は出来ません。売りたいタイミングで売れないとなると次車を買う時にも色々と支障をきたしてしまいます。

また個人同士だとトラブルに至るケースも考えられます。売った車がすぐに壊れてしまった場合等は真っ先に相手からクレームがくる事が考えられます。

その点業者が買い取った車なら仮にその後トラブルがあったとしても買い取った業者が責任をとってくれます。

軽自動車を高く買い取ってもらう為には?

これからお話する内容は軽自動車を買ってからいずれは売ろうと考えている方に対しても重要な事です。今乗っている車にあまり長く乗るつもりが無く、なるべく高く買い取ってもらいたいのならば車種選びや車の手入れ等、最初が肝心です。

自分の車を高く買い取ってもらう為には色々と条件があります。

人気車種の人気色が高く売れる

やはり需要と供給から、人気車種の人気色は高く売れる傾向があります。軽自動車の場合だとN-VANが最も売れている車種ですが、色はプラチナホワイト・パール、クリスタルブラック・パール、ルナシルバー・メタリックあたりの定番色(白、黒、シルバー)なら無難に高く売れます。

またグレードが高い方が評価額が高くなります。それと「Honda SENSING」「スマアシ」「スズキセーフティーサポート」等の安全装備を搭載した車はプラス査定になります。中古車を選ぶ人の中で安全装備を求める人が割といる様です。

軽自動車の安全装備につきましては下の記事をお読み下さい。
余談ですがジムニー(スズキ)は結構高く売れます。ジムニーを新車で購入するとなると納期が一年位かかると言われているので待てない人は中古車を買います。

車をキレイに保つ事

軽自動車を高く売る為には外装や内装がキレイに保っている事です。

キズやへこみが無い方がプラス査定となります。当たり前の話ですが、汚い車やキズ物の車などほとんどの人は買いたくありません。こまめに洗車や車内清掃等を行っている車程高く売れる傾向があります。

またマイナス査定となるのはタバコとペットです。喫煙車の場合は匂いやヤニ、黄ばみが残ります。ペットを乗せる車の場合も匂いが残りますし、車内に毛が残ってしまいます。

将来的に高く売る事を考えているのであればタバコとペットを車の中に持ち込むのは避けるべき事です。

ドラレコとカーナビはプラス査定になる事もある

車にあらゆるオプションを付けると思いますが、ドライブレコーダーとカーナビはプラス査定になる事もあります。ただし正常に機能する事とそれ程古くない物である事が条件です。更に高く売るのであれば外して専門の買取店に売るという手段もあります。

ETC等の他のオプションはほぼ査定額に影響が無いのでもったいないと思うのであれば外して次の車に使うのもアリです。

廃盤になったMT車が高く売れるかも?

過去の状況を見ていくと廃盤になった車は高く売れる傾向があります。例を挙げるとAZ-1(オートザム)、ビート(ホンダ)、カプチーノ(スズキ)等です。

あくまでも予想ですがMT車が今後高く売れる可能性があります。過去にMT車の設定があった軽自動車でも近年ではMT車の設定が減ってきています。MT車のレア度が今後も増していくと思うので高く売りたいと考えているのであれば敢えてMT車に乗るのもアリかもしれません。

軽自動車のMT車に興味がある方は下の記事をお読み下さい。

事故車でも売れる

車を買い替えるきっかけとしてぶつけてしまったり、事故ってしまって「直すのにそれなりにお金と時間がかかるからどうせなら買い替えよう」と考える方も多いでしょう。私も経験した事があります。

ここで一つポイントがあります。車をぶつけてしまった場合は自動車保険を使う事があると思いますが、自動車保険で下りたお金は修理の義務はないのでもらったお金を次に買う車に充てる事が可能です。

実際に私が経験した例を挙げます。

①自損事故
②車両保険を使って車を修理せずに保険金だけもらう(約28万円)
③新車購入
④修理してない事故車を売却(10万円)
⑤買い替えで保険金を更に3万円受け取り
ちなみに①の事故車は新車購入した軽自動車(約100万円)で約7年乗っていました。つまり約100万円で買った車に7年も乗ってて約40万円戻ってきたのです。
原則として保険金をもらう為には修理業者の見積書が必要ですが、保険会社に「直さずに買い替えたい」と伝えれば業者の見積書を必要とせずに保険会社側から査定員を手配し査定に来てくれます。
ぶつけてしまって保険の対象となる場合は、直さずに保険金だけもらって次買う車に充てる事が可能です。またぶつけた車は、わざわざ直さなくても買い取ってくれるので必要以上に手間をかける事は無いという事です。
保険を使うと保険料が上がるので受け取れる金額と値上がりのバランスを見て得する様であれば保険を使う事をおすすめします。
自動車保険を安くしたい方は下の記事をお読み下さい。

おすすめの買取サービス

これから比較的高く売れて手間がかからない方法を紹介します。
※納車の予定が分かってから売る事をおすすめします。

車の査定

先述した通り売る方法は下取り、中古車買取店に売る、個人に売るの3通りですが、この中でおすすめは「中古車買取店に売る」事です。

ただし高く売る為には中間業者があまり入っていない事と、競わせる事が重要です。これから紹介するオークション形式の一括査定通常の一括査定のサービスは中間業者が少なくて、買取業者に競わせるので割と高く売る事が可能です。それぞれメリット、デメリットがあるので参考にして下さい。

オークション形式の一括査定

オークション形式の一括査定のメリットとして個人情報を伝えるのは1社のみで、他の業者に流れる事がないので、あらゆる業者から電話が殺到する事がありません。

また車を何社も査定してもらう必要が無いので忙しくてあまり時間が取れない人には適しています。

デメリットとしては買い手と直接交渉が出来ないので通常の一括査定よりは買取価格が下回る場合があります。

買取業者の参加数が多いサービスを紹介します。

楽天カーオークション ↓

ユーカーパック ↓

SellCa ↓

通常の一括査定

通常の一括査定のデメリットは個人情報があらゆる業者に伝わりますので営業電話が割と殺到します。また自分が直接買い取り業者の所に行って見てもらう、または見に来てもらう形になり業者毎に査定してもらいます。

メリットとしては直接見てもらうからこそしっかりと査定してくれるので比較的高く買い取ってもらいやすくなります。また交渉も可能です。例えば「さっき見てもらった業者は〇〇万円で買い取ってくれるって言ってたからおたくはもっと高く買い取って」等と他の業者と比べながら直接交渉が出来ます。

車査定比較.com ↓


一括査定.com ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました